人事給与について

会社では、様々な雇用形態があります。

アルバイトやパート、正社員、契約社員などの雇用形態があります。
正社員は、通常勤務になり、給与は月給で計算されます。
パートやアルバイトは、特に決まった労働じかんではなく、給与は時給で計算されます。
契約社員は、正社員と同じように通常勤務になりますが、給与は日給や時給で計算されます。

社員がいる限り、人事担当者は人事給与の計算や社員の勤怠管理を行わなければなりません。
勤怠管理をしっかりしていないと従業員たちの出勤状況というのをきちんと知ることができないし、有給休暇を管理することも難しくなります。

勤怠管理とは、従業員の出勤や退勤、欠勤していないかの確認、働く時間は会社によってそれぞれ決められているかと思いますが、残業等して勤務時間を超えていないかを確認することです。
この勤怠管理をすることによって、従業員の給与計算をしますので、勤怠管理をすることは会社では必要不可欠になります。

出勤退勤の際に、タイムカードで勤怠管理をするやり方が一般的でしたが、今は勤怠管理システムで管理する会社が多いようです。
他にも指紋認証のシステムを使い従業員の勤怠管理をしている企業もあるようです。

タイムカードでは、紙で勤怠管理をしますので、自分たちで集計を取ることでとても時間がかかりミスも多くなるといった問題がありました。
しかし、システムで勤怠管理をすると、データ管理されていますので、すぐに情報を見ることができて、時間の手間も省くことができます。

カテゴリー